クラフトビール、
まさにできたて。

  1. HOME
  2. Craft BEER

 

 

 

 

ガラパゴレーシングは、原材料にイギリス・ドイツ・アメリカ・オーストラリア産の麦芽と、 イギリス・ドイツ・アメリカ・オーストラリア・ニュージーランド産のホップを使用し、 地下80mの深層地下水を汲み上げた地元 開成町のきれいな水を仕込み水として使用して醸造する非熱処理で無ろ過の酵母が生きるビールです。
セゾン、アンバーエール、ベルジャンエール、ポーターの4種類の定番ビールを中心に、 その他期間限定のビールも販売しています。

ビールについて

 

ちょっとその由来や特徴を知るだけで、何倍も楽しめるとおもいます。歴史に思いを馳せながら飲んでみてみるというのはいかがですか?
季節や原材料などの都合によりラインナップが変わることもありますが、クラフトビールの特徴を紹介します。

セゾン
「セゾン」はフランス語で「季節」という意味です。元々はベルギーの農家で夏の農作業中の水分補給のために季節限定で作られていたビールのようです。コクがあって苦みを感じつつそれでいて爽やかな飲み心地などで初めての方にはとても飲みやすいビールです。

IPA
もとはイギリスからインドへの輸出の為に、ペールエールに大量のホップと麦芽を使用し防腐効果とアルコールを高めたビールです。India Pale Ale の頭文字をとってIPAですね。
ホップの特徴を最大限に引き出すので苦みや風味が強めなのがIPAです。

ペール・エール
ティーポットの中で生まれたイギリスのバートン・オン・トレント発祥の琥珀色のビール。
麦芽によるフルーティな香りと英国産ホップ特有のハーブのような香りが特徴。甘みと苦みがバランスよく調和されたビールです。

ポーター
イギリスの首都ロンドン発祥です。焙煎した麦芽が香ばしく、こげ茶色です。味わいは作り手によって様々です。ポーターの意味は運び人ですが、樽を運ぶ運び屋さん中心にその香ばしさと味わいが人気を博しました。トランスポーターは荷物を運ぶ人の略語ですね。
作り手の拘りやブランド力を発揮しやすいビールかもしれません。

参考資料:「恋するクラフトビール」TOA久保沙織 著 発行株式会社KADOKAWA より引用

 

 

 

 

・セゾン
・アンバーエール
・ベルジャンエール
・ポーター
・ガラパゴブイヨン(インディア ペールエール)[限定販売]
・不知火オレンジエール(フルーツエール)[限定販売]
・ビター不知火エール(フルーツエール)[限定販売]
・IPA(インディア ペールエール)[限定販売]
・スギトラ甘夏IPA(インディア ペールエール)[限定販売]
・ペールエール [限定販売]
・ブラックIPA(インディア ペールエール)[限定販売]
・Nankoubai Saison(セゾン)[限定販売]